感染症・喘息発作調査情報

<2017年8月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第31週第32週第33週第34週第35週 前年8月
開始日 07月31日08月07日08月14日08月21日08月28日
終了日 08月06日08月13日08月20日08月27日09月03日
RSウイルス感染症734387712528143
ヒトメタニューモウイルス感染症0000000
アデノウイルス感染症343020261412450
 (内、咽頭結膜熱)97672317
溶連菌感染症2342263129151255
ウイルス性胃腸炎242156128166187879818
 (内、ロタウイルス)0000110
 (内、ノロウイルス)0100120
 (内、アデノウィルス)0000000
細菌性胃腸炎1231517156269
 (内、カンピロバクター)7381311420
 (内、病原性大腸菌感染症)0112040
 (内、サルモネラ)4011170
水痘7416684126
帯状疱疹1211050
手足口病26513369626559466
伝染性紅斑11001321
突発性発疹1122914116774
百日咳0100014
風疹0000000
ヘルパンギーナ2739321921138217
麻疹0000000
流行性耳下腺炎97781445152
細菌性髄膜炎0000000
無菌性髄膜炎0000000
 (内、 ムンプス髄膜炎)0000000
マイコプラズマ感染症12786740184
肺炎クラミジア感染症0000000
ヘルペス性口内炎210341013
インフルエンザ0107190
 (内、A型)0107190
 (内、B型)0000000
伝染性膿痂疹(とびひ)42303329371710
 (内、黄色ブドウ球菌)0000220
 (内、連鎖球菌)0101130
合 計69551340247253926211992
  
コメント
夏も後半に入って手足口病の流行はおおむね落ち着いてきたようです。
ただ、この季節には珍しくRSウィルス感染症の発生が多発・流行して来ています。
乳児期前半に感染すると悪化しやすく、細気管支炎や肺炎になることもあり注意が必要です。
                                     (岡 勝巳)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年8月
RSウイルス感染症 62 118 53 25 20 2 0 0 1 0 0 0 281 43
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
アデノウイルス感染症 4 28 13 23 20 18 7 4 4 2 0 1 124 50
 (内、咽頭結膜熱) 1 6 5 4 8 4 1 0 1 0 0 1 31 7
溶連菌感染症 1 4 12 17 18 23 19 14 8 9 21 5 151 255
ウイルス性胃腸炎 93 190 128 99 94 59 48 39 23 24 66 16 879 818
 (内、ロタウイルス) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
 (内、ノロウイルス) 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
細菌性胃腸炎 0 1 4 1 7 6 1 10 7 5 13 7 62 69
 (内、カンピロバクター) 0 0 2 1 7 5 0 7 5 5 8 2 42 0
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 4 0
 (内、サルモネラ) 0 0 1 0 0 0 1 2 1 1 1 0 7 0
水痘 1 5 6 2 6 8 6 2 1 1 3 0 41 26
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 3 0 5 0
手足口病 49 198 103 81 70 40 27 11 7 3 5 0 594 66
伝染性紅斑 0 0 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 3 21
突発性発疹 24 36 5 1 1 0 0 0 0 0 0 0 67 74
百日咳 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 4
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 17 27 30 22 11 14 7 4 1 3 2 0 138 217
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 1 0 3 7 6 6 4 5 2 2 8 1 45 152
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 1 2 4 3 5 6 5 2 2 2 8 0 40 184
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 2 1 2 2 1 0 0 0 0 2 0 10 13
インフルエンザ 1 1 0 1 1 0 2 0 0 0 1 2 9 0
 (内、A型) 1 1 0 1 1 0 2 0 0 0 1 2 9 0
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 10 22 33 35 31 17 10 5 6 1 1 0 171 0
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 0
 (内、連鎖球菌) 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年8月
RSウイルス感染症 66 11 6 67 100 7 8 0 2 0 8 6 281 43
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
アデノウイルス感染症 18 5 10 30 36 6 12 0 1 1 4 1 124 50
 (内、咽頭結膜熱) 2 0 3 4 12 3 5 0 0 0 2 0 31 7
溶連菌感染症 52 36 10 27 16 4 3 0 0 0 1 2 151 255
ウイルス性胃腸炎 216 219 82 104 91 38 88 3 17 4 7 10 879 818
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 0
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
細菌性胃腸炎 17 7 2 6 10 6 11 0 1 0 0 2 62 69
 (内、カンピロバクター) 14 6 1 5 7 4 5 0 0 0 0 0 42 0
 (内、病原性大腸菌感染症) 1 1 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 4 0
 (内、サルモネラ) 3 1 1 1 0 1 0 0 0 0 0 0 7 0
水痘 14 8 0 3 3 0 12 0 0 0 0 1 41 26
帯状疱疹 2 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 5 0
手足口病 227 47 35 100 100 20 34 3 10 4 7 7 594 66
伝染性紅斑 2 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 3 21
突発性発疹 25 4 4 7 12 4 8 1 0 0 2 0 67 74
百日咳 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 50 9 13 28 22 6 2 1 0 0 3 4 138 217
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 29 4 2 3 5 0 0 0 1 0 1 0 45 152
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 5 14 3 4 8 2 2 0 0 0 2 0 40 184
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 4 0 4 0 1 0 0 0 1 0 0 0 10 13
インフルエンザ 3 4 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 9 0
 (内、A型) 3 4 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 9 0
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 42 40 14 10 37 6 7 6 1 0 7 1 171 0
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
 (内、連鎖球菌) 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他