感染症・喘息発作調査情報

<2018年4月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第14週第15週第16週第17週 前年4月
開始日 04月02日04月09日04月16日04月23日
終了日 04月08日04月15日04月22日04月29日
RSウイルス感染症55672323
ヒトメタニューモウイルス感染症6337422817077
アデノウイルス感染症813253379130
 (内、咽頭結膜熱)3032816
溶連菌感染症45344268189264
ウイルス性胃腸炎1481782463018731157
 (内、ロタウイルス)761433041
 (内、ノロウイルス)000000
 (内、アデノウィルス)014162
細菌性胃腸炎10812154521
 (内、カンピロバクター)84962717
 (内、病原性大腸菌感染症)101245
 (内、サルモネラ)010121
水痘851332917
帯状疱疹103263
手足口病1104675
伝染性紅斑101138
突発性発疹91819146067
百日咳101021
風疹000000
ヘルパンギーナ001018
麻疹000000
流行性耳下腺炎423312130
細菌性髄膜炎000000
無菌性髄膜炎000000
 (内、 ムンプス髄膜炎)000000
マイコプラズマ感染症104542346
肺炎クラミジア感染症000000
ヘルペス性口内炎34331319
インフルエンザ2513351285487
 (内、A型)161128964186
 (内、B型)823215224
伝染性膿痂疹(とびひ)68321922
 (内、黄色ブドウ球菌)000001
 (内、連鎖球菌)020020
合 計34833046050016382555
  
コメント
4月になってさすがにインフルエンザは終息しているようです。
ウィルス性胃腸炎、アデノウィルス感染症、溶連菌あたりが目立ちます。
この時期のウィルス性胃腸炎は、ロタやアデノ、ノロ全てが混じっている感じです。
溶連菌だけは抗菌薬が効果がある疾患ですが、保菌状態との区別が難しい時があるのが悩みどころです。
(岡 勝巳)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年4月
RSウイルス感染症 12 5 1 4 0 1 0 0 0 0 0 0 23 23
ヒトメタニューモウイルス感染症 24 49 30 33 16 13 4 0 0 1 0 0 170 77
アデノウイルス感染症 9 26 16 6 9 5 0 3 4 1 0 0 79 130
 (内、咽頭結膜熱) 0 4 2 0 1 0 1 0 0 0 0 0 8 16
溶連菌感染症 1 13 12 12 22 27 25 21 15 15 22 4 189 264
ウイルス性胃腸炎 59 131 113 95 124 105 54 50 28 26 61 27 873 1157
 (内、ロタウイルス) 1 8 11 5 5 0 0 0 0 0 0 0 30 41
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、アデノウィルス) 1 2 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2
細菌性胃腸炎 1 0 2 0 2 2 3 6 4 7 9 9 45 21
 (内、カンピロバクター) 0 0 1 0 2 2 2 4 3 6 5 2 27 17
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 1 0 0 0 0 2 0 0 1 0 4 5
 (内、サルモネラ) 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 1
水痘 0 2 1 2 2 2 3 3 4 3 7 0 29 17
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 3 6 3
手足口病 0 4 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 6 75
伝染性紅斑 0 0 0 1 1 1 0 0 0 0 0 0 3 8
突発性発疹 22 32 5 0 1 0 0 0 0 0 0 0 60 67
百日咳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 1
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 1 1 3 2 2 0 0 2 1 0 12 130
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 0 0 0 2 3 3 2 3 5 4 1 23 46
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 3 1 3 2 0 1 2 0 0 1 0 13 19
インフルエンザ 0 12 12 12 15 6 1 4 4 3 12 4 85 487
 (内、A型) 0 11 9 9 11 5 0 3 4 1 9 2 64 186
 (内、B型) 0 1 3 3 1 1 0 1 0 2 1 2 15 224
伝染性膿痂疹(とびひ) 5 4 0 5 0 3 1 1 0 0 0 0 19 22
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、連鎖球菌) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年4月
RSウイルス感染症 7 1 6 3 6 0 0 0 0 0 0 0 23 23
ヒトメタニューモウイルス感染症 46 13 8 13 64 9 10 0 0 1 5 1 170 77
アデノウイルス感染症 36 4 7 11 11 2 2 0 3 0 2 1 79 130
 (内、咽頭結膜熱) 5 0 1 0 1 0 0 0 0 0 1 0 8 16
溶連菌感染症 71 35 9 33 19 4 13 1 0 1 2 1 189 264
ウイルス性胃腸炎 300 123 55 127 116 48 69 7 13 0 6 9 873 1157
 (内、ロタウイルス) 22 1 0 0 1 1 2 0 3 0 0 0 30 41
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、アデノウィルス) 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2
細菌性胃腸炎 12 3 4 5 4 5 11 0 0 1 0 0 45 21
 (内、カンピロバクター) 9 3 1 4 3 4 3 0 0 0 0 0 27 17
 (内、病原性大腸菌感染症) 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 5
 (内、サルモネラ) 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 1
水痘 12 3 0 2 5 4 2 0 1 0 0 0 29 17
帯状疱疹 1 0 0 1 0 0 0 4 0 0 0 0 6 3
手足口病 1 0 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 6 75
伝染性紅斑 1 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 3 8
突発性発疹 20 7 1 10 15 3 2 0 1 0 0 1 60 67
百日咳 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 1
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 8
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 6 0 1 1 0 3 1 0 0 0 0 0 12 130
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 7 11 0 3 2 0 0 0 0 0 0 0 23 46
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 6 1 0 0 3 2 1 0 0 0 0 0 13 19
インフルエンザ 12 10 29 12 11 5 5 0 1 0 0 0 85 487
 (内、A型) 4 10 29 6 9 4 2 0 0 0 0 0 64 186
 (内、B型) 8 0 0 1 1 1 3 0 1 0 0 0 15 224
伝染性膿痂疹(とびひ) 5 8 4 1 1 0 0 0 0 0 0 0 19 22
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、連鎖球菌) 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他