感染症・喘息発作調査情報

<2018年7月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第27週第28週第29週第30週 前年7月
開始日 07月02日07月09日07月16日07月23日
終了日 07月08日07月15日07月22日07月29日
RSウイルス感染症291518441
ヒトメタニューモウイルス感染症118117370
アデノウイルス感染症1722141164100
 (内、咽頭結膜熱)48211527
溶連菌感染症59383753187140
ウイルス性胃腸炎281248187223939921
 (内、ロタウイルス)000001
 (内、ノロウイルス)210030
 (内、アデノウィルス)020022
細菌性胃腸炎11121094245
 (内、カンピロバクター)63842134
 (内、病原性大腸菌感染症)5213112
 (内、サルモネラ)010013
水痘1311463420
帯状疱疹500274
手足口病323521511392212
伝染性紅斑1010210
突発性発疹91017175344
百日咳000000
風疹000000
ヘルパンギーナ669389107355264
麻疹000000
流行性耳下腺炎47321671
細菌性髄膜炎000000
無菌性髄膜炎000000
 (内、 ムンプス髄膜炎)000000
マイコプラズマ感染症31661629
肺炎クラミジア感染症000000
ヘルペス性口内炎023057
インフルエンザ000006
 (内、A型)000006
 (内、B型)000000
伝染性膿痂疹(とびひ)28263638128126
 (内、黄色ブドウ球菌)000006
 (内、連鎖球菌)001015
合 計54252245455020684000
  
コメント
猛暑が長引くなか夏バテなど起こしていませんか? 
では、7月の感染症の状況を振り返ります。
昨年の同月と比べると手足口病が激減しています。ヘルパンギーナは昨年同様に大きな流行はないようです。
初秋から晩秋にかけて流行することの多い「咳と熱の感染症」であるRSウイルス感染症やヒトメタニューモウイルス感染症が見られています。8月以降の流行が心配です。
総じて、暑さにはウイルスも弱いのか? あまり感染症の多い月ではなかったようです。

まだまだ、暑い日が続きます。早寝・早起き・朝ごはん、で秋に疲れを残さないようにしましょう。
(轉馬 博之)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年7月
RSウイルス感染症 16 20 7 0 1 0 0 0 0 0 0 0 44 1
ヒトメタニューモウイルス感染症 5 8 5 14 2 3 0 0 0 0 0 0 37 0
アデノウイルス感染症 1 18 6 10 11 9 4 1 2 0 0 2 64 100
 (内、咽頭結膜熱) 1 3 2 1 4 2 0 0 1 0 0 1 15 27
溶連菌感染症 0 6 12 23 42 27 23 15 11 8 19 1 187 140
ウイルス性胃腸炎 77 155 115 109 100 105 60 45 35 29 82 27 939 921
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、ノロウイルス) 0 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 0
 (内、アデノウィルス) 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
細菌性胃腸炎 2 1 1 2 3 5 3 3 1 5 11 5 42 45
 (内、カンピロバクター) 0 0 1 1 0 2 2 1 0 3 10 1 21 34
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 1 1 0 3 2 2 1 0 1 0 0 11 2
 (内、サルモネラ) 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 3
水痘 2 1 2 4 2 0 9 4 3 2 5 0 34 20
帯状疱疹 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 3 1 7 4
手足口病 6 36 32 16 22 18 1 3 3 1 1 0 139 2212
伝染性紅斑 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 10
突発性発疹 22 23 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 53 44
百日咳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 30 86 74 50 56 27 12 8 8 0 4 0 355 264
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 0 2 3 5 2 1 1 0 2 0 16 71
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 2 0 0 0 1 1 8 0 1 3 0 16 29
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 2 0 1 1 0 0 1 0 0 0 0 5 7
インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6
 (内、A型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 7 14 23 23 22 13 4 12 5 3 2 0 128 126
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 5

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年7月
RSウイルス感染症 16 1 3 11 9 0 2 0 1 0 0 1 44 1
ヒトメタニューモウイルス感染症 28 2 1 1 2 0 3 0 0 0 0 0 37 0
アデノウイルス感染症 30 5 3 4 7 9 1 0 3 0 1 1 64 100
 (内、咽頭結膜熱) 8 2 1 0 1 2 0 0 0 0 0 1 15 27
溶連菌感染症 67 27 11 32 29 5 11 1 1 0 3 0 187 140
ウイルス性胃腸炎 234 181 96 170 123 52 52 10 11 1 5 4 939 921
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、ノロウイルス) 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
 (内、アデノウィルス) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2
細菌性胃腸炎 9 4 4 2 14 0 6 0 0 0 2 1 42 45
 (内、カンピロバクター) 5 2 2 2 8 0 2 0 0 0 0 0 21 34
 (内、病原性大腸菌感染症) 5 1 0 0 3 0 0 0 0 0 2 0 11 2
 (内、サルモネラ) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3
水痘 15 4 0 4 3 1 5 0 0 0 0 2 34 20
帯状疱疹 5 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 7 4
手足口病 64 6 3 38 13 9 1 0 1 3 1 0 139 2212
伝染性紅斑 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 2 10
突発性発疹 21 3 3 8 6 8 3 0 0 0 1 0 53 44
百日咳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 137 7 33 94 49 10 13 1 2 1 5 3 355 264
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 10 0 0 1 1 0 2 0 1 0 0 1 16 71
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 12 2 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 16 29
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 2 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 5 7
インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6
 (内、A型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 28 32 9 20 24 4 7 1 0 1 1 1 128 126
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6
 (内、連鎖球菌) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他