感染症・喘息発作調査情報

<2018年11月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第44週第45週第46週第47週第48週 前年11月
開始日 10月29日11月05日11月12日11月19日11月26日
終了日 11月04日11月11日11月18日11月25日12月02日
RSウイルス感染症3130341726138261
ヒトメタニューモウイルス感染症0020131
アデノウイルス感染症1916189147675
 (内、咽頭結膜熱)234211215
溶連菌感染症3752525164256293
ウイルス性胃腸炎2212232592423641309941
 (内、ロタウイルス)0000000
 (内、ノロウイルス)11120514
 (内、アデノウィルス)1000012
細菌性胃腸炎131317445153
 (内、カンピロバクター)71313243936
 (内、病原性大腸菌感染症)4022084
 (内、サルモネラ)0000001
水痘1911139106252
帯状疱疹4011062
手足口病213419101498148
伝染性紅斑03213915
突発性発疹141398155951
百日咳1111040
風疹0000000
ヘルパンギーナ263031416
麻疹0000000
流行性耳下腺炎133431440
細菌性髄膜炎0000000
無菌性髄膜炎0000000
 (内、 ムンプス髄膜炎)0000000
マイコプラズマ感染症314641839
肺炎クラミジア感染症0000001
ヘルペス性口内炎334431717
インフルエンザ001171937188
 (内、A型)00116153234
 (内、B型)000000139
伝染性膿痂疹(とびひ)21012673737
 (内、黄色ブドウ球菌)0000001
 (内、連鎖球菌)0000000
合 計39141945439055422082230
  
コメント
11月は相変わらずウィルス性胃腸炎があちこちにで発生していること以外には、目立った特定の感染性疾患の流行はありませんでした。
ただ、後半からインフルエンザの発生が増えてくるようになっており12月は流行に入りそうです。
集団生活は仕方ないにしても、年末年始の人混みで感染してくる事があるので注意しましょう。
(岡 勝巳)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年11月
RSウイルス感染症 30 55 34 12 3 2 1 1 0 0 0 0 138 261
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 1 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 3 1
アデノウイルス感染症 6 28 6 8 7 11 8 1 0 1 0 0 76 75
 (内、咽頭結膜熱) 0 8 0 1 0 3 0 0 0 0 0 0 12 15
溶連菌感染症 0 7 11 25 33 37 31 27 23 22 34 6 256 293
ウイルス性胃腸炎 108 192 168 150 145 127 101 70 53 62 104 29 1309 941
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、ノロウイルス) 1 0 1 0 2 0 0 0 0 0 1 0 5 14
 (内、アデノウィルス) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
細菌性胃腸炎 0 7 1 3 7 2 5 3 2 2 15 4 51 53
 (内、カンピロバクター) 0 5 0 2 6 2 5 2 2 1 12 2 39 36
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 2 1 1 1 1 0 1 0 1 0 0 8 4
 (内、サルモネラ) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
水痘 4 1 2 4 3 5 8 12 9 3 10 1 62 52
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 1 0 4 1 0 6 2
手足口病 6 23 25 19 11 6 4 0 2 1 1 0 98 148
伝染性紅斑 0 1 1 0 2 3 0 0 2 0 0 0 9 15
突発性発疹 24 29 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 59 51
百日咳 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 1 0 4 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 3 4 3 1 1 2 0 0 0 0 0 0 14 16
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 1 0 4 2 2 1 2 0 2 0 14 40
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 0 0 0 2 0 2 2 1 1 10 0 18 39
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
ヘルペス性口内炎 1 5 4 1 3 0 1 0 2 0 0 0 17 17
インフルエンザ 2 1 0 1 5 3 14 2 3 1 4 1 37 188
 (内、A型) 1 0 0 1 4 3 13 2 3 1 3 1 32 34
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 139
伝染性膿痂疹(とびひ) 4 2 7 7 5 3 2 2 3 1 1 0 37 37
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年11月
RSウイルス感染症 62 10 2 32 14 3 13 0 2 0 0 0 138 261
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 0 3 1
アデノウイルス感染症 45 5 1 7 6 6 3 0 2 0 1 0 76 75
 (内、咽頭結膜熱) 7 0 0 0 2 2 1 0 0 0 0 0 12 15
溶連菌感染症 94 23 12 37 47 21 12 2 2 2 4 0 256 293
ウイルス性胃腸炎 396 190 124 204 137 73 107 22 32 6 9 9 1309 941
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、ノロウイルス) 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 14
 (内、アデノウィルス) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
細菌性胃腸炎 27 4 3 4 3 4 5 0 0 0 0 1 51 53
 (内、カンピロバクター) 19 4 1 4 3 4 2 0 0 0 1 1 39 36
 (内、病原性大腸菌感染症) 7 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 8 4
 (内、サルモネラ) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
水痘 15 1 4 3 34 1 1 0 0 0 3 0 62 52
帯状疱疹 3 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 2
手足口病 24 6 1 12 38 11 1 0 1 0 3 1 98 148
伝染性紅斑 3 1 1 1 3 0 0 0 0 0 0 0 9 15
突発性発疹 22 2 4 11 9 2 7 0 1 0 1 0 59 51
百日咳 1 0 0 1 0 0 1 0 1 0 0 0 4 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 4 0 1 5 3 0 1 0 0 0 0 0 14 16
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 11 1 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 14 40
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 11 2 0 3 1 0 1 0 0 0 0 0 18 39
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
ヘルペス性口内炎 9 1 2 0 1 3 0 0 1 0 0 0 17 17
インフルエンザ 19 2 0 7 1 1 6 0 1 0 0 0 37 188
 (内、A型) 19 2 0 2 1 1 6 0 1 0 0 0 32 34
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 139
伝染性膿痂疹(とびひ) 7 7 2 8 11 1 1 0 0 0 0 0 37 37
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他