感染症・喘息発作調査情報

< 2019年3月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第9週第10週第11週第12週 前年3月
開始日 03月04日03月11日03月18日03月25日
終了日 03月10日03月17日03月24日03月31日
RSウイルス感染症16129286547
ヒトメタニューモウイルス感染症33432960165242
アデノウイルス感染症212015157171
 (内、咽頭結膜熱)322292
溶連菌感染症57557151234310
ウイルス性胃腸炎3473533363021338991
 (内、ロタウイルス)13610194818
 (内、ノロウイルス)6431145
 (内、アデノウィルス)020131
細菌性胃腸炎76221727
 (内、カンピロバクター)2220615
 (内、病原性大腸菌感染症)000003
 (内、サルモネラ)000111
水痘15634136828
帯状疱疹130045
手足口病242432281087
伝染性紅斑10658292
突発性発疹9116144043
百日咳241185
風疹000000
ヘルパンギーナ000111
麻疹000000
流行性耳下腺炎1122622
細菌性髄膜炎000000
無菌性髄膜炎000000
 (内、 ムンプス髄膜炎)000000
マイコプラズマ感染症3302843
肺炎クラミジア感染症000000
ヘルペス性口内炎5315148
インフルエンザ645640391991390
 (内、A型)49513428162567
 (内、B型)655622701
伝染性膿痂疹(とびひ)321031829
 (内、黄色ブドウ球菌)100010
 (内、連鎖球菌)000003
合 計61860859357423933271
  
コメント
1月~2月と猛威をふるったインフルエンザもほぼ終息に向かっております。今年はほとんどB型は流行りませんでした。RSVやヒトメタニューモなどの喘息性気管支炎系のウィルスと、アデノや溶連菌といった高熱と扁桃炎が主体の疾患も、ぱらぱら認めますが、最も多いのはウィルス性胃腸炎です。ロタウィルスで、予防接種をされておられない場合は症状が重症になる児もあります。嘔吐下痢の激しいお子さんは脱水にご注意ください。
(野間 大路)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年3月
RSウイルス感染症 27 19 11 5 2 0 1 0 0 0 0 0 65 47
ヒトメタニューモウイルス感染症 16 33 49 25 20 14 5 2 1 0 0 0 165 242
アデノウイルス感染症 8 28 10 10 12 0 1 0 0 1 1 0 71 71
 (内、咽頭結膜熱) 2 1 3 1 1 0 1 0 0 0 0 0 9 2
溶連菌感染症 1 11 12 21 28 40 35 20 23 11 28 4 234 310
ウイルス性胃腸炎 89 181 178 150 151 162 118 70 52 50 104 33 1338 991
 (内、ロタウイルス) 5 8 14 5 4 4 4 0 2 1 1 0 48 18
 (内、ノロウイルス) 1 3 5 0 1 0 1 0 1 0 2 0 14 5
 (内、アデノウィルス) 0 1 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 3 1
細菌性胃腸炎 1 0 0 1 1 2 1 1 1 1 2 6 17 27
 (内、カンピロバクター) 1 0 0 1 0 0 0 1 1 0 2 0 6 15
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3
 (内、サルモネラ) 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 1
水痘 0 4 10 11 10 9 6 4 0 4 10 0 68 28
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 3 0 4 5
手足口病 3 18 32 7 23 16 6 1 1 1 0 0 108 7
伝染性紅斑 0 1 2 3 4 10 1 1 2 1 4 0 29 2
突発性発疹 19 19 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 40 43
百日咳 0 1 0 0 0 0 3 1 2 0 1 0 8 5
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 1
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0
流行性耳下腺炎 0 0 1 0 0 0 0 2 1 1 1 0 6 22
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 1 1 1 0 1 1 1 0 2 0 0 8 43
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 5 3 1 1 0 1 1 2 0 0 0 14 8
インフルエンザ 7 11 14 11 31 12 26 10 8 13 44 12 199 1390
 (内、A型) 7 9 12 11 27 8 21 5 5 13 35 9 162 567
 (内、B型) 0 1 0 0 0 2 4 4 1 0 7 3 22 701
伝染性膿痂疹(とびひ) 5 3 0 0 1 3 1 1 1 0 3 0 18 29
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年3月
RSウイルス感染症 15 4 3 17 8 6 4 0 6 0 1 1 65 47
ヒトメタニューモウイルス感染症 56 19 3 23 46 9 4 0 0 1 1 3 165 242
アデノウイルス感染症 17 4 6 14 12 5 9 0 2 0 2 0 71 71
 (内、咽頭結膜熱) 3 0 2 0 3 0 1 0 0 0 0 0 9 2
溶連菌感染症 89 33 14 37 32 8 13 0 1 1 6 0 234 310
ウイルス性胃腸炎 343 194 156 189 174 79 152 12 16 4 15 4 1338 991
 (内、ロタウイルス) 27 2 0 0 4 3 12 0 0 0 0 0 48 18
 (内、ノロウイルス) 10 0 0 0 0 0 3 0 0 0 1 0 14 5
 (内、アデノウィルス) 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 3 1
細菌性胃腸炎 5 1 1 1 0 0 9 0 0 0 0 0 17 27
 (内、カンピロバクター) 4 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 6 15
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3
 (内、サルモネラ) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
水痘 29 6 0 0 6 15 9 0 0 0 1 2 68 28
帯状疱疹 1 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 4 5
手足口病 30 16 2 25 33 0 0 0 0 0 2 0 108 7
伝染性紅斑 6 1 2 1 16 0 0 2 1 0 0 0 29 2
突発性発疹 8 1 4 11 6 3 3 1 1 0 2 0 40 43
百日咳 2 2 1 0 1 0 2 0 0 0 0 0 8 5
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
麻疹 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
流行性耳下腺炎 3 0 1 0 1 1 0 0 0 0 0 0 6 22
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 1 0 0 0 4 3 0 0 0 0 0 0 8 43
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 6 1 0 0 4 1 1 0 0 0 1 0 14 8
インフルエンザ 67 26 16 35 30 6 15 0 0 1 1 2 199 1390
 (内、A型) 57 20 16 21 26 5 14 0 0 1 0 2 162 567
 (内、B型) 9 6 0 5 0 1 1 0 0 0 0 0 22 701
伝染性膿痂疹(とびひ) 3 5 2 4 2 1 1 0 0 0 0 0 18 29
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他