感染症・喘息発作調査情報

< 2019年6月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第22週第23週第24週第25週 前年6月
開始日 06月03日06月10日06月17日06月24日
終了日 06月09日06月16日06月23日06月30日
RSウイルス感染症62531610
ヒトメタニューモウイルス感染症35321332
アデノウイルス感染症28433633140140
 (内、咽頭結膜熱)716743412
溶連菌感染症7310610988376250
ウイルス性胃腸炎2541912461678581505
 (内、ロタウイルス)402177
 (内、ノロウイルス)0030313
 (内、アデノウィルス)211043
細菌性胃腸炎1171884433
 (内、カンピロバクター)861383523
 (内、病原性大腸菌感染症)000007
 (内、サルモネラ)100011
水痘7107103445
帯状疱疹200242
手足口病274359420412146538
伝染性紅斑384142621833
突発性発疹211917116864
百日咳3214100
風疹000000
ヘルパンギーナ1825314511958
麻疹000000
流行性耳下腺炎37131426
細菌性髄膜炎000000
無菌性髄膜炎000000
 (内、 ムンプス髄膜炎)000000
マイコプラズマ感染症00291112
肺炎クラミジア感染症000000
ヘルペス性口内炎201037
インフルエンザ504090
 (内、A型)104050
 (内、B型)400040
伝染性膿痂疹(とびひ)101714246580
 (内、黄色ブドウ球菌)040153
 (内、連鎖球菌)000002
合 計75883495788334322305
  
コメント
6月は手足口病が最も多く、次いでウィルス性胃腸炎でした。手足口病は過去10年で最多のペースで増えています。症状は軽症がほとんどで、今のところ髄膜炎などの重篤な例の報告は聞いておりません。溶連菌、アデノ、ヘルパンギーナも昨年より多く、感染症は夏模様を呈しています。この2年ほど、夏場にもRSVの流行が始まったので、これも注意が必要かと思います。
(野間 大路)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年6月
RSウイルス感染症 5 3 1 4 1 0 0 1 1 0 0 0 16 10
ヒトメタニューモウイルス感染症 1 6 1 4 0 1 0 0 0 0 0 0 13 32
アデノウイルス感染症 14 41 19 21 21 16 3 4 0 0 1 0 140 140
 (内、咽頭結膜熱) 4 9 6 4 6 2 2 1 0 0 0 0 34 12
溶連菌感染症 3 10 25 33 58 59 53 36 27 20 45 7 376 250
ウイルス性胃腸炎 76 126 88 99 102 86 60 55 33 28 88 17 858 1505
 (内、ロタウイルス) 0 1 0 1 2 0 1 2 0 0 0 0 7 7
 (内、ノロウイルス) 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 13
 (内、アデノウィルス) 0 2 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 4 3
細菌性胃腸炎 0 1 1 2 1 4 3 2 3 5 13 9 44 33
 (内、カンピロバクター) 0 1 1 1 1 4 4 2 3 4 12 2 35 23
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
 (内、サルモネラ) 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
水痘 1 1 1 1 2 1 5 4 8 5 5 0 34 45
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0 1 4 2
手足口病 82 370 319 248 202 131 60 20 4 11 17 1 1465 38
伝染性紅斑 2 7 9 18 39 26 21 19 13 11 17 1 183 3
突発性発疹 21 34 10 2 0 1 0 0 0 0 0 0 68 64
百日咳 0 0 0 0 1 1 0 2 0 0 5 1 10 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 11 40 29 18 8 6 2 3 0 0 2 0 119 58
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 0 3 1 0 0 1 5 1 3 0 14 26
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 0 1 1 0 0 1 1 1 1 4 1 11 12
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 0 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 3 7
インフルエンザ 0 1 1 1 0 1 2 1 0 1 1 0 9 0
 (内、A型) 0 1 0 1 0 1 0 1 0 1 0 0 5 0
 (内、B型) 0 0 1 0 0 0 2 0 0 0 1 0 4 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 6 8 8 11 7 8 3 4 4 3 3 0 65 80
 (内、黄色ブドウ球菌) 1 0 1 0 2 0 0 0 0 0 1 0 5 3
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年6月
RSウイルス感染症 3 0 0 8 2 1 0 0 2 0 0 0 16 10
ヒトメタニューモウイルス感染症 4 4 0 0 0 0 4 0 0 1 0 0 13 32
アデノウイルス感染症 49 7 14 9 43 6 4 1 3 0 4 0 140 140
 (内、咽頭結膜熱) 24 0 3 0 3 1 2 0 0 0 1 0 34 12
溶連菌感染症 138 56 28 42 58 17 22 1 6 0 8 0 376 250
ウイルス性胃腸炎 257 142 80 165 91 44 45 11 8 2 7 6 858 1505
 (内、ロタウイルス) 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7 7
 (内、ノロウイルス) 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 13
 (内、アデノウィルス) 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 3
細菌性胃腸炎 20 4 5 1 3 2 9 0 0 0 0 0 44 33
 (内、カンピロバクター) 18 4 5 1 3 2 2 0 0 0 0 0 35 23
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
 (内、サルモネラ) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
水痘 11 1 4 7 7 1 2 0 0 0 1 0 34 45
帯状疱疹 2 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 4 2
手足口病 440 124 157 262 267 57 98 11 18 3 22 6 1465 38
伝染性紅斑 93 4 8 10 34 16 7 0 6 0 4 1 183 3
突発性発疹 21 5 6 11 14 0 4 0 4 0 3 0 68 64
百日咳 3 2 0 2 3 0 0 0 0 0 0 0 10 0
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 38 5 11 19 31 6 6 1 1 0 1 0 119 58
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 9 1 2 0 1 1 0 0 0 0 0 0 14 26
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 2 2 0 2 5 0 0 0 0 0 0 0 11 12
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 1 0 3 7
インフルエンザ 4 0 2 0 2 0 0 0 0 0 0 1 9 0
 (内、A型) 4 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0
 (内、B型) 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 1 4 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 11 12 5 17 13 2 4 1 0 0 0 0 65 80
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 3
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他