感染症・喘息発作調査情報

< 2019年11月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第44週第45週第46週第47週 前年11月
開始日 11月04日11月11日11月18日11月25日
終了日 11月10日11月17日11月24日12月01日
RSウイルス感染症2414231374138
ヒトメタニューモウイルス感染症110243
アデノウイルス感染症3540294014476
 (内、咽頭結膜熱)571273112
溶連菌感染症54595858229256
ウイルス性胃腸炎19325027231910341309
 (内、ロタウイルス)000000
 (内、ノロウイルス)000005
 (内、アデノウィルス)000111
細菌性胃腸炎314132151
 (内、カンピロバクター)21581639
 (内、病原性大腸菌感染症)000008
 (内、サルモネラ)000220
水痘15138215762
帯状疱疹011026
手足口病716533198
伝染性紅斑282218341029
突発性発疹128993859
百日咳113054
風疹000000
ヘルパンギーナ0431814
麻疹000000
流行性耳下腺炎1401614
細菌性髄膜炎000000
無菌性髄膜炎000000
 (内、 ムンプス髄膜炎)000000
マイコプラズマ感染症24451518
肺炎クラミジア感染症000000
ヘルペス性口内炎2202617
インフルエンザ2842217016137
 (内、A型)2741216815732
 (内、B型)000000
伝染性膿痂疹(とびひ)69772937
 (内、黄色ブドウ球菌)100120
 (内、連鎖球菌)000000
合 計41249146559819662208
  
コメント
今年はインフルエンザの発症時期が早まっているようで各所で散発しています。このまま徐々に増加していくと思われます。
例年になく伝染性紅斑がいつまでも続いているようですがようやく減少傾向のようです。
これからはインフルエンザの流行時期に入ります。ワクチンを含め予防に努めるようにしましょう。
(岡 勝巳)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年11月
RSウイルス感染症 17 35 13 6 3 0 0 0 0 0 0 0 74 138
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 3
アデノウイルス感染症 3 29 24 24 30 14 11 3 1 1 1 3 144 76
 (内、咽頭結膜熱) 2 7 2 6 7 4 3 0 0 0 0 0 31 12
溶連菌感染症 0 8 8 18 23 24 28 32 25 22 36 5 229 256
ウイルス性胃腸炎 70 143 143 141 121 97 86 59 50 34 66 24 1034 1309
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1
細菌性胃腸炎 0 2 0 1 0 1 3 1 4 0 5 4 21 51
 (内、カンピロバクター) 0 1 0 1 0 1 2 1 4 0 5 1 16 39
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8
 (内、サルモネラ) 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 0
水痘 0 2 4 9 4 7 6 7 6 7 5 0 57 62
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 6
手足口病 5 4 10 4 2 3 0 0 2 1 0 0 31 98
伝染性紅斑 0 2 4 8 13 21 14 9 15 8 8 0 102 9
突発性発疹 11 24 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 38 59
百日咳 1 0 0 1 0 0 0 1 1 0 1 0 5 4
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 0 1 0 3 3 0 0 0 0 0 1 0 8 14
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 0 0 0 0 1 1 3 0 0 1 6 14
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 0 0 1 2 2 0 1 1 4 2 2 15 18
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 1 0 2 2 0 0 0 0 0 0 1 6 17
インフルエンザ 0 5 5 12 11 17 13 4 11 9 63 11 161 37
 (内、A型) 0 5 5 11 11 16 13 4 11 8 62 11 157 32
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 6 1 8 3 4 1 3 0 1 1 1 0 29 37
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 0
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年11月
RSウイルス感染症 27 3 1 24 8 3 3 1 3 0 1 0 74 138
ヒトメタニューモウイルス感染症 1 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 4 3
アデノウイルス感染症 37 7 2 8 43 16 17 0 11 1 2 0 144 76
 (内、咽頭結膜熱) 8 0 0 0 14 6 2 0 1 0 0 0 31 12
溶連菌感染症 81 46 18 25 16 6 19 1 14 0 1 2 229 256
ウイルス性胃腸炎 233 182 127 168 173 49 55 10 11 6 15 5 1034 1309
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1
細菌性胃腸炎 6 1 1 4 2 0 7 0 0 0 0 0 21 51
 (内、カンピロバクター) 6 1 1 2 2 0 4 0 0 0 0 0 16 39
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8
 (内、サルモネラ) 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
水痘 38 5 0 4 7 3 0 0 0 0 0 0 57 62
帯状疱疹 1 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 0 3 6
手足口病 25 0 3 0 2 0 0 0 0 0 0 0 30 98
伝染性紅斑 23 20 10 8 12 4 23 0 0 1 1 0 102 9
突発性発疹 8 9 4 4 10 1 2 0 0 0 0 0 38 59
百日咳 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 4
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 2 4 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 8 14
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 4 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 6 14
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 4 3 1 1 4 0 0 0 1 0 1 0 15 18
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 17
インフルエンザ 77 28 1 26 15 7 3 0 2 1 1 0 161 37
 (内、A型) 76 28 1 26 12 7 3 0 2 1 1 0 157 32
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 6 5 3 7 7 0 1 0 0 0 0 0 29 37
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他