感染症・喘息発作調査情報

<2020年8月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第32週第33週第34週第35週 前年8月
開始日 08月03日08月10日08月17日08月24日
終了日 08月09日08月16日08月23日08月30日
RSウイルス感染症10001222
ヒトメタニューモウイルス感染症000007
アデノウイルス感染症567826126
 (内、咽頭結膜熱)0101218
溶連菌感染症133211552200
ウイルス性胃腸炎965311697362738
 (内、ロタウイルス)000000
 (内、ノロウイルス)000001
 (内、アデノウィルス)000000
細菌性胃腸炎12122375449
 (内、カンピロバクター)571663436
 (内、病原性大腸菌感染症)000002
 (内、サルモネラ)5282176
水痘64261828
帯状疱疹211265
手足口病648220774
伝染性紅斑01001198
突発性発疹24312135245
百日咳000008
風疹000000
ヘルパンギーナ722920144
麻疹000000
流行性耳下腺炎103159
細菌性髄膜炎000000
無菌性髄膜炎000000
 (内、 ムンプス髄膜炎)000000
マイコプラズマ感染症000006
肺炎クラミジア感染症000000
ヘルペス性口内炎001014
インフルエンザ000002
 (内、A型)000002
 (内、B型)000000
伝染性膿痂疹(とびひ)22184233115127
 (内、黄色ブドウ球菌)1011312
 (内、連鎖球菌)000000
合 計1951072381937332692
  
コメント
コロナ禍の中、集団生活の制限や一般的な感染症予防の手段がなされているせいか通常の小児科でみられる感染症はほとんど見られません。
例年流行する夏風邪症候群の代表である手足口病やヘルパンギーナも今夏は流行なしで終わりそうです。
冬のインフルエンザはどうなるでしょうか。
(岡 勝巳)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年8月
RSウイルス感染症 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 222
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
アデノウイルス感染症 1 10 7 4 2 1 0 0 1 0 0 0 26 126
 (内、咽頭結膜熱) 0 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2 18
溶連菌感染症 0 4 6 5 3 10 2 4 6 2 6 4 52 200
ウイルス性胃腸炎 23 61 41 31 29 30 19 18 18 21 58 13 362 738
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
細菌性胃腸炎 1 0 2 2 5 4 5 8 4 5 14 4 54 49
 (内、カンピロバクター) 0 0 1 0 3 1 5 6 5 3 9 1 34 36
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
 (内、サルモネラ) 0 1 1 1 2 2 1 2 1 1 5 0 17 6
水痘 0 3 0 0 1 2 0 2 5 1 4 0 18 28
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2 3 6 5
手足口病 0 4 4 2 5 2 1 2 0 0 0 0 20 774
伝染性紅斑 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 198
突発性発疹 16 22 10 4 0 0 0 0 0 0 0 0 52 45
百日咳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 1 6 5 2 0 2 1 1 0 1 1 0 20 144
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 1 0 0 2 1 0 1 0 0 0 0 5 9
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4
インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
 (内、A型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 4 20 19 20 18 12 5 6 1 5 4 1 115 127
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 3 12
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年8月
RSウイルス感染症 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 222
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
アデノウイルス感染症 12 3 0 3 4 2 0 0 0 2 0 0 26 126
 (内、咽頭結膜熱) 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 2 18
溶連菌感染症 24 7 4 7 1 5 1 0 1 2 0 0 52 200
ウイルス性胃腸炎 112 61 21 69 43 14 20 7 7 1 5 2 362 738
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
細菌性胃腸炎 18 2 7 1 8 6 8 0 4 0 0 0 54 49
 (内、カンピロバクター) 17 2 2 0 8 1 2 0 2 0 0 0 34 36
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
 (内、サルモネラ) 9 0 0 0 0 5 3 0 0 0 0 0 17 6
水痘 9 0 2 0 3 1 1 0 0 0 2 0 18 28
帯状疱疹 1 0 1 0 0 1 0 3 0 0 0 0 6 5
手足口病 4 3 4 1 5 1 1 1 0 0 0 0 20 774
伝染性紅斑 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 198
突発性発疹 23 0 2 8 9 5 2 0 1 0 2 0 52 45
百日咳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 6 3 3 4 2 0 1 0 0 0 0 1 20 144
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 2 1 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 5 9
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 4
インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
 (内、A型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 26 20 2 31 24 2 2 2 0 0 3 3 115 127
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 12
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他