感染症・喘息発作調査情報

<2017年10月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第40週第41週第42週第43週 前年10月
開始日 10月02日10月09日10月16日10月23日
終了日 10月08日10月15日10月22日10月29日
RSウイルス感染症110595278299211
ヒトメタニューモウイルス感染症000000
アデノウイルス感染症9614144319
 (内、咽頭結膜熱)1162102
溶連菌感染症54234357177162
ウイルス性胃腸炎153136151153593869
 (内、ロタウイルス)000000
 (内、ノロウイルス)000000
 (内、アデノウィルス)000000
細菌性胃腸炎1171343537
 (内、カンピロバクター)8551190
 (内、病原性大腸菌感染症)302050
 (内、サルモネラ)312170
水痘311272335
帯状疱疹031040
手足口病2930406216120
伝染性紅斑2010321
突発性発疹8811134067
百日咳100123
風疹000000
ヘルパンギーナ68672737
麻疹000000
流行性耳下腺炎14419542242
細菌性髄膜炎000000
無菌性髄膜炎000001
 (内、 ムンプス髄膜炎)000000
マイコプラズマ感染症465520178
肺炎クラミジア感染症000000
ヘルペス性口内炎132285
インフルエンザ34882332
 (内、A型)103150
 (内、B型)2457180
伝染性膿痂疹(とびひ)1711147490
 (内、黄色ブドウ球菌)100010
 (内、連鎖球菌)001010
合 計42530939242315491939
  
コメント
早くに始まったRSウィルス感染症も落ち着いてきたようです。
ただこの季節になって手足口病が散発的に見られたり、インフルエンザが出てきたりと感染症の季節感はどんどんなくなってきている感じがします。
それでも水痘の減少などを見ているとワクチンの影響などによる感染症の移り変わりは感じます。
                                                        (岡 勝巳)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年10月
RSウイルス感染症 88 110 55 28 13 3 2 0 0 0 0 0 299 211
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
アデノウイルス感染症 4 15 7 5 4 4 2 1 0 0 1 0 43 19
 (内、咽頭結膜熱) 1 2 2 0 2 1 1 1 0 0 0 0 10 2
溶連菌感染症 0 7 15 17 29 30 21 13 10 9 20 6 177 162
ウイルス性胃腸炎 80 97 70 62 59 39 39 28 27 19 56 17 593 869
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
細菌性胃腸炎 0 3 2 3 1 0 3 6 2 5 5 5 35 37
 (内、カンピロバクター) 0 1 2 2 0 1 2 5 1 2 3 0 19 0
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 1 0 0 0 0 0 1 0 2 0 1 5 0
 (内、サルモネラ) 0 0 0 1 1 0 1 0 0 3 1 0 7 0
水痘 1 0 0 1 5 2 5 2 1 2 4 0 23 35
帯状疱疹 0 0 0 0 1 1 0 0 1 0 1 0 4 0
手足口病 12 39 38 26 16 13 7 4 3 0 2 1 161 20
伝染性紅斑 0 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 3 21
突発性発疹 12 22 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 40 67
百日咳 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 2 3
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 1 8 6 6 1 1 1 1 1 0 1 0 27 37
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 4 2 10 13 5 4 2 0 2 0 42 242
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 0 0 1 4 3 4 3 2 1 2 0 20 178
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 3 1 1 0 1 0 0 0 1 1 0 8 5
インフルエンザ 0 0 1 1 2 0 2 0 1 1 14 1 23 32
 (内、A型) 0 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 1 5 0
 (内、B型) 0 0 0 0 2 0 0 0 1 1 14 0 18 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 4 8 4 10 8 2 3 3 1 1 1 4 49 0
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
 (内、連鎖球菌) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年10月
RSウイルス感染症 87 26 9 87 43 13 13 0 10 0 9 2 299 211
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
アデノウイルス感染症 16 4 1 5 9 3 3 0 1 0 1 0 43 19
 (内、咽頭結膜熱) 4 1 1 0 1 1 2 0 0 0 0 0 10 2
溶連菌感染症 63 41 6 31 13 4 12 1 1 1 4 0 177 162
ウイルス性胃腸炎 160 102 54 86 61 36 61 12 9 2 8 2 593 869
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
細菌性胃腸炎 8 6 2 3 9 2 5 0 0 0 0 0 35 37
 (内、カンピロバクター) 7 4 2 2 3 1 0 0 0 0 0 0 19 0
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 2 0 1 2 0 0 0 0 0 0 0 5 0
 (内、サルモネラ) 1 0 1 0 4 1 0 0 0 0 0 0 7 0
水痘 7 2 0 8 0 4 0 0 1 0 0 1 23 35
帯状疱疹 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
手足口病 47 22 7 16 31 11 12 1 8 2 3 1 161 20
伝染性紅斑 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 3 21
突発性発疹 13 2 4 5 7 3 0 1 1 0 1 3 40 67
百日咳 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 3
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 14 0 3 3 1 3 1 0 1 0 0 1 27 37
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 23 5 2 7 1 0 2 0 1 0 1 0 42 242
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 6 5 1 4 3 1 0 0 0 0 0 0 20 178
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 5 1 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 5
インフルエンザ 15 0 3 1 1 0 3 0 0 0 0 0 23 32
 (内、A型) 0 0 1 0 1 0 3 0 0 0 0 0 5 0
 (内、B型) 15 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 18 0
伝染性膿痂疹(とびひ) 10 19 4 2 9 1 4 0 0 0 0 0 49 0
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0
 (内、連鎖球菌) 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他