感染症・喘息発作調査情報

<2020年5月分 月報>

印刷ページはコチラ

週報 第19週第20週第21週第22週 前年5月
開始日 05月04日05月11日05月18日05月25日
終了日 05月10日05月17日05月24日05月31日
RSウイルス感染症0000026
ヒトメタニューモウイルス感染症0001153
アデノウイルス感染症15129106
 (内、咽頭結膜熱)0100117
溶連菌感染症1113141048305
ウイルス性胃腸炎315573361951188
 (内、ロタウイルス)0000050
 (内、ノロウイルス)0000011
 (内、アデノウィルス)000007
細菌性胃腸炎18872430
 (内、カンピロバクター)17451725
 (内、病原性大腸菌感染症)000001
 (内、サルモネラ)0136100
水痘50561650
帯状疱疹000000
手足口病11248400
伝染性紅斑10102123
突発性発疹5109153950
百日咳0000012
風疹000000
ヘルパンギーナ0000018
麻疹000000
流行性耳下腺炎110137
細菌性髄膜炎000000
無菌性髄膜炎000000
 (内、 ムンプス髄膜炎)000000
マイコプラズマ感染症0440818
肺炎クラミジア感染症000000
ヘルペス性口内炎1010213
インフルエンザ00000101
 (内、A型)0000016
 (内、B型)0000080
伝染性膿痂疹(とびひ)981293834
 (内、黄色ブドウ球菌)001012
 (内、連鎖球菌)000001
合 計67105130913932534
  
コメント
姫路市の新型コロナウィルス感染症は5/14以降ありません。
そろそろ、学校や保育園が再開されつつあります。 
5月は子どもたちの集団生活がなかったため感染症の流行は全くありませんでした。
新型コロナウィルス感染症をおそれて定期接種のワクチンを遅らせるのは子どもたちにとっては得策ではありません。
現在ワクチンのある感染症、特に乳幼児期のものは新型コロナよりはるかにリスクの高い疾患です。
幸い小児科はすいています。
そこで感染するリスクは現在のところほぼゼロに近いと思います。  
(岡 勝巳)

<年齢別罹患数>

疾病名 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10~14歳 15歳~ 合 計 前年5月
RSウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 26
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 53
アデノウイルス感染症 0 7 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 9 106
 (内、咽頭結膜熱) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 17
溶連菌感染症 0 2 3 7 5 6 5 3 3 4 6 4 48 305
ウイルス性胃腸炎 14 29 24 26 19 15 15 13 8 6 19 7 195 1188
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 50
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
細菌性胃腸炎 1 1 1 1 2 0 2 5 3 3 4 1 24 30
 (内、カンピロバクター) 0 0 0 0 1 0 2 4 3 3 4 0 17 25
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、サルモネラ) 1 1 1 1 1 0 2 1 1 0 0 1 10 0
水痘 0 0 2 0 1 0 3 5 2 2 1 0 16 50
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
手足口病 2 3 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 8 400
伝染性紅斑 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2 123
突発性発疹 16 14 6 1 1 1 0 0 0 0 0 0 39 50
百日咳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 12
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 18
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 3 7
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 0 0 0 1 2 2 0 1 1 0 1 0 8 18
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 13
インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 101
 (内、A型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 16
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 80
伝染性膿痂疹(とびひ) 4 3 6 6 5 4 4 3 1 1 1 0 38 34
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1

<地域別罹患数>

疾病名 市央 東郊 大浜 飾磨 広網 西郊 北郊 家島 外北 外東 外西 其他 合 計 前年5月
RSウイルス感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 26
ヒトメタニューモウイルス感染症 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 53
アデノウイルス感染症 1 0 0 5 2 1 0 0 0 0 0 0 9 106
 (内、咽頭結膜熱) 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 17
溶連菌感染症 17 11 2 6 3 2 5 1 0 0 1 0 48 305
ウイルス性胃腸炎 45 50 16 30 32 12 7 2 0 0 0 1 195 1188
 (内、ロタウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 50
 (内、ノロウイルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 11
 (内、アデノウィルス) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 7
細菌性胃腸炎 7 8 1 2 3 2 1 0 0 0 0 0 24 30
 (内、カンピロバクター) 4 6 1 2 3 0 1 0 0 0 0 0 17 25
 (内、病原性大腸菌感染症) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
 (内、サルモネラ) 6 2 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 10 0
水痘 7 1 0 0 5 1 2 0 0 0 0 0 16 50
帯状疱疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
手足口病 1 0 2 1 2 0 2 0 0 0 0 0 8 400
伝染性紅斑 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 123
突発性発疹 14 3 4 5 6 3 0 4 0 0 0 0 39 50
百日咳 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 12
風疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルパンギーナ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 18
麻疹 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
流行性耳下腺炎 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 7
細菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
無菌性髄膜炎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
 (内、 ムンプス髄膜炎) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
マイコプラズマ感染症 1 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 18
肺炎クラミジア感染症 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ヘルペス性口内炎 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 2 13
インフルエンザ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 101
 (内、A型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 16
 (内、B型) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 80
伝染性膿痂疹(とびひ) 8 5 4 7 9 0 2 2 0 0 1 0 38 34
 (内、黄色ブドウ球菌) 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 2
 (内、連鎖球菌) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1

【地域名の内訳】
(市央)市川、夢前川間市域 (東郊)市川以東市域 (大浜)大塩、的形、八家、白浜、妻鹿 (飾磨)飾磨 (広網)広畑、網干 (西郊)書写、青山、林田 (北郊)香寺、夢前、安富 (家島)家島 (外北)福崎町、市川町、神河町、宍粟市 (外東)加西市、加古川市、高砂市 (外西)太子町、たつの市 (其他)その他